log

ネクスト「シュプリーム」を求めて 多極化が進むスケートブランド

09 28 *2018 | supreme2019

「ビアンカ シャンドン」は過去にドーバー ストリート マーケットとコラボし、限定アイテムを販売している。今年3月に移転オープンしたロンドン店は、地下1階中央にスケートブランドを集積したゾーンを設置。オープン時にスポットアイテムとして発売した「パレス」を求めて、行列ができた。「パレス」は7月にも「リーボック」とのコラボスニーカーを発売している
「ビアンカ シャンドン」は過去にドーバー ストリート マーケットとコラボし、限定アイテムを販売している。今年3月に移転オープンしたロンドン店は、地下1階中央にスケートブランドを集積したゾーンを設置。オープン時にスポットアイテムとして発売した「パレス」を求めて、行列ができた。「パレス」は7月にも「リーボック」とのコラボスニーカーを発売している
“手に入りにくく、人とカブらない”モノを求める
消費者マインドは顕在
 90‘sやストリートファッションがトレンドに浮上する昨今、スケートブランド「シュプリーム(スーパーコピーSupreme)」の勢いが止まらない。ファッションにアートや音楽の要素を絡めたち密なブランディングや広告が奏功し、スケーターのみならず幅広い層から人気を得ている。その「シュプリーム」に続けとばかりに今、新しいスケートブランドが続々と登場している。小規模で、一般的には知名度が低くとも、コラボレーションアイテムを発売すれば行列ができるようなブランドも多い。“手に入りにくく、人とカブらない”モノを求める消費者マインドは顕在のようだ。
「アンチソーシャルソーシャルクラブ」のカプセルコレクション発売日は、開店前に400人以上が行列し、アイテムは3時間ほどで完売した。(@antisocialsocialclub)から
「アンチソーシャルソーシャルクラブ」のカプセルコレクション発売日は、開店前に400人以上が行列し、アイテムは3時間ほどで完売した。(@antisocialsocialclub)から  東京・原宿のビームスTは6月、ロサンゼルス発の「アンチソーシャルソーシャルクラブ(ANTI SOCIAL SOCIAL CLUB)」のカプセルコレクションを販売した。発売当日は開店前に400人以上が行列し、アイテムも3時間ほどで完売。ブランドを手掛けるニーク・ラーク(NEEK LURK)は、「ステューシー(STUSSY)」のPRを担当する傍らオンラインをメーンに販売してきた。カニエ・ウェスト(KANYE WEST)が着用したことをきっかけに、口コミやSNSなどでジワジワと話題になり、唯一の販路だったオンラインショップには常に「Sold Out」の文字が並ぶ。ビームスTの清家未来バイヤーは「予想以上の反響だった。どこのショップにも置いていないようなスモールブランドを扱うことで新規のお客さまの獲得にもつながる」と話す。
 では、今消費者が求めているスモールブランドとはどんなブランドなのか。ロンドンのスケートクルーが始めた「パレススケートボード(PALACE SKATEBOARDS 以下、パレス)」は、VHS風のスケート映像が支持を得て、その後すぐにDJのセオ・パリッシュとレコードをリリース。さらに「リーボック(REEBOK)」とコラボし、「シュプリーム」でも取り扱われたことで一気にスターダムにのし上がった。「パレス」の成功も影響し、同じようにローカルなスケートクルーが始めるスモールブランドが各地で誕生している。

17:26 [Comment:0]

SUPREME(シュプリーム)BOT徹底比較!おすすめBOT5選!

09 03 *2018 | supreme2019

販売と同時に即完売してしまう、supreme(シュプリーム)のオンラインに関しては、過去に手動の必勝法について解説した。

しかし、botが普及している今、supremeのオリジナル人気アイテムやビッグネームとのコラボなど、超人気アイテムに関しては手動では厳しいと考える方もいるだろう。

確かに手動よりbotの方が早いのが事実だ。

そこで今回はsupreme botを販売している業者の、BOT機能を比較していこうと思う。

これからbotの導入を考えている方、もしくは買い替えを考えている方の参考になれば幸いだ。

そもそもBOTとは?

そもそもbotとはロボットの略。

つまり、自動購入プログラムのことだ。

事前に目欲しいアイテム、そのアイテムのサイズやカラー、決済時の支払い方法、配送先などをプログラムに入力しておき、自動で購入できるプログラムだ。

タイマー機能を搭載しているbotに関しては、オンライン販売開始時に、パソコンに張り付いてる必要もなくなるだろう。

また、読込速度が速いのも特徴で、画像非表示機能を搭載しているbotに関しては、高速処理が可能になるので、注文完了まで、1秒かからないbotも存在する。

それでは、botを使用する際の重要事項と主なサービス内容を比較していこう。

ちなみに自動決済と自動カートインの機能に関しては、標準搭載となるので、比較項目には入れていない。

また、比較対象はホームページを設けているサイトのみ。SNSアカウントやオークションのみで販売している場合は比較対象外にさせてもらった。

SUPREME BOT販売業者とその機能やサービス

Supreme Bot Japan

www.dokei711.com/category.php?id=631

○本体価格:8000円

○アップデート:有償(3000円)

○画像認証回避:あり

○タイマー機能:あり(別途オプション)

○リストック機能:あり(別途オプション)

○複数購入機能:あり(別途オプション)

○対応機種:Windows、Mac、Chrome OS
日本では使っているユーザーも多い、Supreme Bot Japan。

オプションを追加購入することにより、出来る機能を拡張していくことが出来る。

オプション価格に関しては、本体購入された方のみの案内となっている。

Autoreme

https://autoreme.tk

○本体価格:7200円

○アップデート:無償

○画像認証回避:あり

○タイマー機能:なし

○リストック機能:なし

○複数購入機能:なし

○対応機種:Windows、Mac、Chrome OS
supreme botと検索すると、一番上位表示されているのが、Autoreme。使っているユーザーも多い。

機能としては、上記の他に、
第二候補機能(第一候補の商品が売り切れの場合、第二候補の商品のカートインを試みます。)や、
サイズ移行(指定サイズが売り切れの場合SからXLへか、XLからSへ総当たりでカートインを試みます。)

など便利な機能も搭載している。

SUPREME CART

https://supercartbotproxy.wixsite.com/supercart

○本体価格:6800円

○アップデート:不明

○画像認証回避:あり

○タイマー機能:あり

○リストック機能:あり

○複数購入機能:あり

○対応機種:Windows、Mac、Chrome OS
リーズナブルで利用できるSUPREME CART。

IPBANされた方にも利用できるようProxyを用いてのサポートもある。
※別途Proxyレンタル費用必須。

アップデートの際に追加費用が必要かの記載はなし。

fast BOT

https://zatturight.com/fastbot/products/list?category_id=8

○本体価格:40000円

○アップデート:無償(簡易的なアップデートのみ)

○画像認証回避:あり(事前認証は別途オプション 30000円)

○タイマー機能:あり

○リストック機能:なし

○複数購入機能:あり(別途オプション1起動ライセンスにつき 10000円)

○対応機種:Windows、Mac
bot初心者にはあまり向かないかもしれない。

この値段でも選ばれる理由としては、値段は張るが速さはピカイチと聞く。

この速さを活かすにはそれなりの環境設備も大事になるので、bot経験者にはおすすめ出来る。

Paul Tool Shop

http://shop.phydfvj.com/index.php/products/detail/3

○本体価格:5980円

○アップデート:不明

○画像認証回避:不明

○タイマー機能:不明

○リストック機能:不明

○複数購入機能:不明

○対応機種:Windows、Mac
サイト上に記載のある機能情報が少ない為、興味がある方はサイトページから問合わせてみるのもいいだろう。

16:47 [Comment:1210]

  • newer
  • older